2回目の産休〜とうとう出産!〜

こんにちは。ぼぬみです。
更新が久しぶりになってしまいました 汗・・・

38週6日目で無事、ついに、女の子を出産いたしました!
当日のことを書いておきますね。

朝起きた時からなんとなくお腹が痛くて、子宮がキューっとする痛みだったり、
尾てい骨の方に突き刺すような痛みだったり、生理痛のような痛みだったり。
でもこれのどれかは妊娠9ヶ月後半ごろから、朝方や、夜寝る前などに経験していたので
またかという感じでした。
ただ、この日が違っていたのは、30分に1度この痛みが来ていました。
痛みは全然軽く、痛いなくらいでした。

起きてすぐにトイレに行ったら、おりものに血が混じっていたので、
「おしるし」だとわかりました。
何日か前から粘着性のある茶色っぽかったり、黄色かったりするおりものは出ていたので
出産が割と近いのだなと思っていました。

その日は、パパがお休みだったので、二子玉川にランチをしに行きました。
天ぷら屋さんでランチをし、食欲もとてもあって、天ぷら定食をペロリと食べました。笑
その後まっすぐ帰宅したのですが、相変わらず、お腹のどこかが少し痛いなーくらいでした。

18時ごろ、お腹が痛くなる間隔が15分に一回くらいになってきました。
痛みは全然横になっていれば平気なレベルです。
この前、病院から帰されたこともあったので、またフライング陣痛かしら・・・くらいに思っていました。
なんとなく、気がまぎれるかなと思い、お風呂に入ってみました。
やっぱりお風呂に入ると温まるせいか痛みは和らいだのですが、痛みの間隔は、5分おきくらいになってきました。
前も5分おきで行っても帰されたしなーと思いつつ、ネットを見ていたら、
”経産婦は本当にすぐ産まれました!!危なかったです。”みたいな記事を丁度見て
不安になり、パパに、「病院に行ってこようと思う・・・」といい、病院に電話したら、
入院セットを持ってすぐきてください!とのこと。
その後、タクシー会社に電話しました。
病院にも、タクシー会社にも痛みの波が来なければ、電話できるレベルです。
タクシーが3、4分で運良く来るというので、娘とハグをし、パパに「立ち会えないかもしれないね・・・」といい、入院セットを持ってタクシーに乗りました。
この時20時前、痛みが来ると座りたくなるレベルでした。
※うちは、両親が遠方のため、娘が保育園に行っている日中しか立ち会えない・・・

20時過ぎに病院に着き、産婦人科病棟へ。
お腹に機械をつけて様子を見ることにしました。
先生の内診の結果は、子宮口7、8センチ。出産は近いね。ということでした。
パパにもう痛すぎてラインできないかも・・・というラインをしていたら、
だんだんと顔をしかめるくらいの激痛になってきました。
この時すでに20:25くらい。

その後すぐに、手すりを掴んで「痛い!」というほどの痛さの波が来たと思ったら、
プツンという感覚と共に、破水しました。
その後、いきみたくなる痛さが急に来て、それを助産師さんに伝えたところ、
周りがバタバタし出し、「すぐにお産になるから!」「先生呼んできて!」とすごい勢いで
準備を始めました。
私もえー!?と思いながら、といってもここから何時間くらいなんだろう・・・と思いながら
すっごい激痛に耐えていました。
手に点滴をつけられ、酸素マスクをつけられ、すごい激痛と戦っていたら、、、
「ぼぬみさんぼぬみさん!見て見て!!」と看護師さんに言われて目を開けたら、
おぎゃあおぎゃあとなく赤ちゃんが出てきました・・・・涙 
この時なんと21時1分・・・えー実質30分くらいで産まれてしまったではないか・・・
あまりのスピードと凝縮した時間に、まだ頭も心もついて行ってないぞ・・・という状態です。
本当に後少し家で我慢していたら、自宅出産になっていたかも・・と思うとひやっとしました・・・

経産婦本当に侮るなかれです。
あの記事を良いタイミングで読んで本当によかった・・・・・!と思っています。




コメント

タイトルとURLをコピーしました