子供の教育・おもちゃにお悩みの方へ、こどもちゃれんじをご紹介!オススメですよ!

我が家では1歳からこどもちゃれんじを始めたのですが、1年たって次は進級するタイミングなので、今まで会員になってどうだったのかと、これから2年目になるので教材などはどんなものなのかをお伝え出来たらなと思ってます。

スポンサーリンク

2年目まではどうだったのか?

初めての時は、毎月お金かかるしどうなんだろうと疑心暗鬼でした。

ですが、気にはなっていたので、「一度初めて興味無かったらやめよう」と気軽に初めてみました。

そして、残念ながら悪い予感はあたり、初めはおもちゃに興味を持って遊ぶのですが、すぐに飽きてしまうのです、、、

「あぁ、これ解約かね?」と話ししていたところ、一つアイテムを忘れていたんです。

DVDというアイテムを。。。

そしてDVDを一緒に見てみることに。

すると、おもちゃの遊び方やリトミックなどが入っているではないですか。(初めから気づけという感じですよね)

正直DVDは、特典映像とかだろと思って、面倒くさがって再生してなかったんです 汗

ですが、子供もDVDを見はじめてからは、おもちゃで遊ぶようになったのです。

当たり前なのですが、小さいうちはどうやって遊ぶのかが分からないようなんですよね、、オモチャをただ渡されて一緒に遊んでもイマイチ使い方がよくわからないようで、DVD内でキャラクターとお姉さんが色々やってるのをみて、それを真似して遊ぶようになったんです。

しかも、その教材は年齢に合わせ、引っ張るだったり、音を出してみるだったりとただのおもちゃという訳ではなく教育や感性を伸ばすオモチャが用意されているので、下手なオモチャを買うより良かったですよ。

そして、子供が2歳に近づくにつれてDVDや教材によく食いつくので、オモチャはあまり買わずに済んでます 笑

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

良かったことは?

おもちゃに悩むことが少なくなった

結構1歳すぎた辺りから、おもちゃに困ったんです。

「おもちゃを買いすぎるのも教育に悪いかな?」「今はどんなのに興味あるんだろ」「教育にいいのは?」など色々悩みました。おもちゃって3歳以上のものが結構おおいいので「3歳以下だけど大丈夫なのかな?」とか。

ですが、こどもちゃれんじは毎月年齢にあったおもちゃとDVDが届き、もちろん教育やおもちゃで怪我をする可能性などが配慮されているので、おもちゃに対する色々な悩みが解消できました。

順番などマナーなどを覚えてくれる

これは結構大変ですよね、順番をまもらなかったり友達のおもちゃを取ってしまったり、、

特に公園などでは親がちょっと目を離した時にそういった行動をしてしまったして、友達に迷惑をかける可能性もありますから、お友達同士楽しんで遊ぶためにもしっかりと身について欲しいのですが、個性がありますからなかなか難しいですよね 汗

こどもちゃれんじは、月齢ごとの子供の成長に合わせたお話などが考えてあり、ゆっくりとお友達との関わり方や、親との関わりなど、色々学んでいけるのでとてもオススメです。

私の家は「いないいないばぁ」「アンパンマン」と合わせて見せているのですが、しまじろうの世界観の方が友達や親など実際の生活に近いせいか、しまじろうの真似などをして歩くときは手を繋ぐことや痛い痛いの飛んでいけなど色々と覚えてくれてます。

おもちゃを買うことが少なくなった

メリットの中でも結構これは大きい気がします。

まず、月々2,000円ちょいで毎月クオリティの高い(確実に買ったら2,000円は軽く超えると思います)おもちゃが届き、それだけでも十分な教育や遊びができるので、あまりおもちゃを買うということが減りました。

そして、アンパンマン・わんわんなどはお店でおもちゃが売っているのですが、しまじろうは全く売ってないんです!

これ重要です、今しまじろうが何より大好きなので、遊ぼうと思うと毎月届くリトミックなどのDVDかおもちゃなんですが、お店に行っても売ってないので、出かけがけに欲しい!と言うことが減ったんです!

アンパンマン!とは言うんですが、前より欲しい度がかなり減りました。

初めは絶対にしまじろうは好きにならないだろうなと思っていたのですが、好きになってくれて本当に良かったと思っています。

月齢に合わせた悩みの軽減

現状の子供はどんな状態でどういったことができてなど、月齢に合わせて親の悩みは増えるものです。

そんな親にも毎月、教材と一緒に月齢に合わせたアドバイス小冊子が入っているので、考える力を伸ばすには?・後悔しない幼稚園選びなど色々とトピックがあるので、子供だけではなく親も大変助かります。

しまじろうアニメの世界観について

上でも少し触れたのですが、しまじろうアニメの世界観についてお話を。

大体子供はアンパンマン・いないいないばぁ・トーマスなどが登竜門だと思うのですが、しまじろうアニメは他のアニメとは違って、すごくオススメできる世界観なのです。

それは現実世界に近いということです。

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・兄妹・友達などなど、現実で関わる人たちとのやりとりなどが中心なので、子供もどうされたら嫌か、嬉しいか・誰に対してどうなのか、など覚えやすいのだと思います。

「アンパンマン」はお話の内容ではそういった類のお話はあるのですが、常にアンパンマンと親のやりとりなどないですし、「いないいないばぁ」などもわんわんやウータンと一緒に遊ぶという感じで、普段の生活とはちょっと違いますよね、トーマスも機関車なので 笑

そう言ったことから他のアニメが悪いわけではないのですが、私も見ていて親子での日常であったり、友達との関わりだったりと、そのまま自分の友達や親に変換して想像できるので子供もイメージしやすい世界観だなと感じました。

そういった理由から、しまじろうアニメの世界観は教育にもいいと私は感じてますし、何よりもしまじろうがいい子すぎる (>_<) ので、子供のお手本になってくれるので助かってます。

ちなみにそのしまじろうのお父さん、完璧じゃない?っていうくらい本当に優しくてとっても理解のあるいいお父さんなんですよ、あんなお父さんだったらお母さんもかなり助かるんじゃないでしょうか 笑

本当に優しいお父さんなので、一緒に見てるお父さんはちょっと冷や汗かいてしまう事があるかもしれないですね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

今回2年目のスタート

2年目初めの教材はDVDに加えて、今回はおトイレの訓練とお店やさんが中心でした。

ピンク色の人形はいろっぴと言って初めの1年でいろいろな色と大きさのものが届いて、マトリョーシカのようになっており、大きさと色のお勉強ができるものです。

今回は進級祝いという事でピンクっぴが付いてきました。

これはトイレに置いておき、ボタンを押すといろいろな音声が流れるので、自分でトイレに行きたくなるようにして、おトイレの訓練を促すおもちゃです。

パネルを変える事で、音声をみみりん(女の子)かしまじろう(男の子)のどちらかに変更できるんです。

お店やさんをしながら楽しく色・形を覚えていけるようになってます。

お店やさんのおもちゃでは、メニューなども用意してあり、どれにしますか?などと遊べて、メニューと同じものを作ったりする事で、形の認識や同じ色の組み合わせなどを学んでいけるようになってます。

「どこでもかんがえるあそびシリーズ」というお外に出歩く時に持って行って学ベるものもついていました。

こちらは毎月増えるようで、今回はファイルと4月分が付いていました。

小冊子の特集は「2・3歳の今やっておきたい考える力をぐんと伸ばす遊びとは?」でした。

特集では、子供の頭の中は何を考えているのか?・考える力を伸ばすためにどういうふうな遊ばせ方をすればいいか?・親がどういうふうに接してあげればいいか?などが書いてありました。

特集以外では、後悔しない幼稚園選び・子供に人気の簡単オヤツなどが書いてありました。

意外とこの小冊子が親としては欲しかったりするんです 笑

まとめ

いかがでしょうか?

結構まだ語りつくせない部分あるなぁと思ったのですが、だらだらと長くなってしまうので、この辺りにしておきました。

最初は月々お金かかるのかぁなど悩んでいましたが、本当に良心的価格で内容もきちんとしており、色々な悩みも軽減できるものになっているので、本当に入会してよかったと思っていますし、継続していこうとも思っていますので皆さんも機会があったら是非お試しください!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました