海水魚飼育を始めよう!バクテリアって何?

海水魚飼育を始めるにあたってバクテリアの役割を知ることは重要です。ですので、海水魚飼育で考えなくてはいけないバクテリアってどんな種類や役割があるのかを考えていきましょう。

スポンサーリンク

バクテリアの種類

海水魚飼育でよく言われるバクテリアの種類は2つに分けられます。

実際は好気性バクテリアは水の中では生きられないので、水の中では嫌気性バクテリアの種類の一部を好気性とアクアリウムでは言ったりしてるという話などもあったりと、色々と深掘りするときりがないので、多く言われている2つに絞りました。

好気性(こうきせい)バクテリア

酸素を好むバクテリア

嫌気性(けんきせい)バクテリア

無酸素状態・光もない場所で生息、酸素があると生きれないバクテリア

バクテリアの働きとは?

まずちょっと図にして見ました。

簡単に図にしてしまうとこんな感じです。

① 魚の餌や糞をバクテリア1がエネルギーに変えて、アンモニア(NH3)を作り出します。このアンモニアは強い毒性を持ってるので、できるだけ数値0を目指しましょう。

参考:レッドシー アンモニア テストキット 楽天 Amazon

② アンモニアを違う種類のバクテリア2がエネルギーに変えて、亜硝酸イオン(NO2)を作り出します。これも毒性が強いので、できるだけ数値0を目指しましょう。

③ さらに亜硝酸イオンを違うバクテリア3がエネルギーに変えて、硝酸イオン(NO3)を作り出します。こちらは比較的毒性が低いですが、ハードコーラルなどは敏感なので、蓄積しないように心がけます。

参考:レッドシー 硝酸塩・亜硝酸塩テストキット 楽天 Amazon 

④ こちらは脱窒と言って違うバクテリア4がエネルギーに変えて窒素(N)へとしてくれ、ここまで無害化できれば自然界に近い環境が作れてるので、水換えの頻度も減るという仕組みです、私の経験枯らして水槽での脱窒は難しいと感じています。

それぞれのバクテリアの分類は?

図に書いたバクテリアは下記のような分類になります。

バクテリア1

水槽内にいる様々な種類のバクテリア

バクテリア2

好気性バクテリア(ニトロソモナスなど)

バクテリア3

好気性バクテリア(ニトロバクターなど)

バクテリア4 

嫌気性バクテリア(脱窒菌)

まとめ

以上がバクテリアの説明です、このサイクルがかなり重要になってくるので、しっかりと把握しておきたいところです。

最後の脱窒ができれば水換え不要と言われるのですが、中々海と同じようには行かないのが難しいところです。

実際に脱窒成功されてるという体験談も聞くので、できないことはないと思いますが、初めは一番確実な水換えで硝酸イオンを外に出すのが一番かと思います!

今日はこんなところで、みなさん楽しいアクアリウムライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました