WordPressと連携してTwitterを自動送信してみよう!

ブログを書くことを中心に作業をしていたのですが、やはりTwitterなどのSNSに投稿できた方が、投稿しないよりも人の目につくだろうということで、どうせなら記事を更新した時にTwitterにも自動で送信できないかと思い、プラグインを使って実現できたのでメモです。

スポンサーリンク

Jetpackの導入

まずはJetpackを導入します。
他にも自動送信のプラグインは色々あるのですが、私はブログ投稿がメインなので、そこまでTwitterの自動投稿に学習コストをかけたくないのです。。
だけど、Twitterを自動投稿してくれるととても時短になるし。。
そこで一番手っ取り早くでき、操作も簡単なJetpackを選んでみました。本気でTwitter運用するなら他のプラグインの方がいいかもしれないです。
何と言ってもツイートを記事投稿時に自動投稿してくれるので、時限設定していれば仕事中でも勝手に投稿してくれる!!
ということで始めましょー!

Jetpackの有効化まで

まずはWordPressのプラグインから新規追加を選んでJetpackを探します。

今すぐインストールを押して、インストールをした後、有効化を押すと下記画面が出てくるので、Jetpackを設定を押します。

その後、アンチスパムのプラグインAkismetを入れている人は下記画面になって、Akismetを登録した時に設定したID、PASSを入力します。
Akismetを入れていない方はアカウント登録をして進んでください。
進むと下記のような画面に飛ぶので、承認するボタンを押して進みます。

進むと色々と質問されるので、ご自分のサイトの内容に合ったものを選択して進んでください。

次にJetpackのプラン選択に移るので、赤枠の無料プランでスタートを押して進みましょう。

これでJetpackを導入完了です!

Twitterと連携させる

Jetpackを有効化できたら、Twitterの連携です。
一応楽に連携させるためにTwitterアカウントにログインしておくとスムーズですよ!
WordPressの左のメニューにあるJetPackから設定を選択します。

すると下記の画面になるので、赤枠の①、②の手順で選択していきます。

投稿をソーシャルネットワークに自動共有という所をONにすると下記の画面が出るので、Twitterの横にある連携のボタンを押します。

すると下記画面が出るので連携アプリ認証を押して連携完了です!

JetpackでTwitterへの自動投稿

Twitterの自動投稿設定は記事作成画面の右上部分にあるJetpackのロゴを押します。
そうすると下記の画像の設定画面が出ます。

①で自動投稿するかしないかを選択。
②にツイートのコメントを入力すればそのコメントがリンクと一緒にツイートされます。
③はショートリンクといって記事の短いリンクが取得できるので、わざわざショートリンクを作らなくてもJetpackで作れてしまうので、これは便利です。

以上がWordPressでTwitterを自動送信する方法でした。
皆さんも是非自動投稿にチャレンジしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました